読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛き夜道

東方 東方vocal

愛き夜道

アルバム:Chill★Now
サークル:魂音泉
Vocal:ランコ、雨天決行、たま
原曲:砕月

【たま】
向こうの世界は いつも 賑やか だけど どこか つまらなそうだ
『一緒に笑える』それだけのこと とても大切なこと

【ランコ】
教えてくれた君への感謝は 尽きないけど「ありがとう」とは
照れくさくて 言えそうにない 今夜も 黙って乾杯

【たま・ランコ】
「憂世鬱世」云々 嘆き節 肴に呷る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君と居るからこそ

【雨天決行】
月夜に想い耽る 一方的な送り舟
何時何時苦しみ酒が染み またあの日を慈しみ
癖に成る様な嫌な辛味 酒は進めど蟠り
盃に君を投影 する度波紋や花見月
瞳が嵩を増さす 揺れる心は過度な摩擦
笑い話 にも出来ずに想いは盥回し それでも回る世界
そう変わらず二人は存在してる 今でも垢抜けない
想いが交差し後悔し寝る

【たま・ランコ】
向こうの世界は 平穏無事 だけど どこか息苦しそうだ
肩の力を 抜き 過ごせる 場所ではないのだろう

【たま・ランコ】
「渡世は厭世」云々 恨み節 肴に浸る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君が居るからこそ

【ランコ】
僕は 名前も 知られてない 君の 周りには 人集り
だから 僕は 少し 離れた 場所で 君を見ていた

【たま】
薄ざわめき 雲隠れの月 妙に 肌寒い 夜の小道
足元を照らす程度でいい 今夜は 灯りが欲しい

【雨天決行】
当面の予定は未定 そう透明で依然 差し出す両手
二人が見ず知らず 何て想いだす意気地無し
未来予想すら 幾ら重ねても肥大妄想
喉を詰まる言いたい事 弱音を吐き崩れる膝小僧
たまにの晩 釈然の晩酌 全能まではいかず
「また、いつか」だけは誓う それで明日が始まりだす
実が無い話も根堀り葉堀り 二人の時間に華を咲かす
実感出来れば有終の美 貴方の立場も重々承知

【ランコ・たま】
向こうの世界が 幕を閉じて 彼らは 大きく 息をついた
僕らもいずれ 別れるだろう それぞれの行く先

【たま・ランコ】
君との別れは ちょっと悲しいけど 涙の別れは もっとつらい
だから 僕は きっとその時 笑いながらに言うよ

【たま・ランコ・雨天決行】
二人 騒ぎ 二人 酔い耽る 今夜が 最後でもないのに
僕の 視界が ぼやけていく 袖で こっそり拭う
薄雲越えて 注ぐ月明かり 君と 寄り添って この夜道
今夜は 月が明るいけど もう少し このまま

「憂世鬱世」云々 嘆き節 肴に呷る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君と居たからこそ
「渡世は厭世」云々 恨み節 肴に浸る酒の苦味よ
けれども染み入り酔いぬのは 君が居たからこそ

f:id:mainakun:20161112001410j:plain